close

2020年2月12日
ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ主催
White Show 2019への部分植物由来原料を使用したUltrasuede®素材提供

この度、ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズが主催するファッションイベント White Showへ部分植物由来原料を使用したUltrasuede®素材提供致しました。2019年12月2日にロンドン The Royal Albert Hallで行われたThe Fashion Awards 2019、同12月6日にロンドン1 Granary Square で作品が発表をされました。 このイベントに先立ち、当学生へサステナビリティの内容を組み込んだUltrasuede®特別授業を実施。学生の素材とサステナビリティ理解を深め、より良い作品作りに繋げて頂きました。 Ⅰ. ロンドン芸術大学、Central Saint Martins アート&デザイン分野に特化する世界を代表する芸術大学。Central Saint Martinsは、6つに分かれるロンドン芸術大学のカレッジの1つで、John Galliano、Phoebe Philo、Riccardo Tisci等世界で活躍する多くの著名卒業生を輩出しています。 Ⅱ. White Show 2019 White Showは、ロンドン芸術大学の中のカレッジの一つ、セントラル・セント・マーチンズでファッションを専攻するすべての一回生が白一色の服デザインを1点制作する、年に一度のファッションイベントです。White Showは、1学期に行われるイベントとしては最も学生たちが待ち望むイベントの一つであるとともに、同カレッジのファッション学部関連イベントとしては最も歴史あるイベントです。このショーの計画立案・運営・宣伝は、毎年、ファッション・ジャーナリズムとファッション・コミュニケーション&プロモーション専攻の一回生が行っています。 私たちの時代の精神の核は、カレッジのキャンパスで、ロンドンの街で、そして全世界で沸き起こっている抗議行動です。抗議の声を上げ、個人に力を与えることが私たちの目標であり、今年のショーのコンセプト“Opus19”もまた、こうした声の力、具体的には、こうした声を賛美する芸術の形、オペラをベースにしています。Opus19は、劇場を背景に183名のデザイナーたちによる作品が一堂に会する、まさに「現代のオペラ」です。 大学校舎の2階で繰り広げられるショーのハイライトは、各作品が完全にその姿を現す前に、背面から光を当てたスクリーンにシルエットが映し出されるという、ライティングの効果を最大限に高めたドラマチックな演出です。さらに、ニュージーランド出身のソプラノ歌手、Eliza Boomによるパフォーマンスもショーに彩りを添えます。彼女の声が、私たちの世代の主張の要である「危機感」をドラマチックに表現します。White Showはイノベーションの発表の場であると同時に、新しいデザインと次世代の声を支持する集団のメッセージと一体となって力を発揮するのです。 2019年度のWhite Show をTeresa Mitchell氏に捧げる Ⅲ. 部分植物由来原料を使用したUltrasuede® Ultrasuede®は、東レの先端テクノロジーによる多彩な商品群を特長とするジャパン・クオリティの先端素材として、東レがグローバルに展開するスエード調人工皮革です。 環境に配慮したサステナブルな製品開発にも注力しており、2016年から植物由来ポリエステルを使用した「Ultrasuede® PX」を展開しています。2019年1月、世界で初めて部分植物由来のポリウレタンを使用したスエード調人工皮革「Ultrasuede® BX」を開発し発売しました。東レは、サステナビリティとクリエーションの両方を実現するスエード調人工皮革の展開をさらに拡大して参ります。 Ⅳ. 作品

Picture

White Project

Picture

White Project

Picture

White Project

Ⅴ. 特別授業

zzz

Ultrasuede®は、未来の「美しき可能性」に向けて進化する素材です。